大手メーカー製、自作もいいけど本命はBTOパソコン

大手メーカーだとDELL、レノボなんかはゲーミング向けのパソコンを販売しています。でもちょっと高いんですよね。次に自作といった方法もあります。でも自作はパーツ選びから組み立てまで自分で行わないといけません。あと保証がないのは初心者にとってリスクでしかありません。

それを考えるとゲーミングPCを安く手に入れる方法ってBTOブランドのゲーミングPCしか選択肢がありません。でもBTOパソコンは性能も良いし、安いので実は本命のゲーミングPCを買う候補なんです。

BTOパソコンとは?

Bulid to Orderといって受注生産。いわゆる注文を受けてから生産を開始するパソコンの販売形式です。

完成品ではないため注文時にパーツを自分で選べてカスタマイズすることができます。だからハイスペックPCも作れます。またBTOショップは独自にゲーミングブランドを展開していてゲームができるパソコンのベースモデルを最初から販売しています。

ベースモデルも基本は受注を受けてから生産を開始する仕組みになっているので全部のパーツを自分で選ぶ必要はありません。だから知識が薄い初心者の方でも安心してゲーミングPCを手に入れることができます。

詳しくはBTOおすすめゲームPCサイトを確認してもらえると予備知識、ゲームモデルのPCがわかります。

予算はどのくらいあればゲーミングPCが買えるのか?

BTOでも売れ筋モデルになっているのは15万円前後のパソコンです。このクラスになると性能とコスパが両立したゲーミングPCを購入することができます。もちろん10万円前後の格安モデルも取り扱いはありますが、性能が少し低くなるため多くの人は予算15万円前後でゲーミングPCを購入しています。

ゲーミングPCはデスクトップ、ノートのどちらが良いのか?

確実にデスクトップです。デスクトップPCの方が性能が高い、価格が安い、拡張性がある、冷却効果も高いからです。

BTOではゲーミングノートも展開していますがあくまでデスクトップが配置できない。学生やビジネスマンが息抜きにPCゲームをやるための要素が強いです。現にゲーミングPCの9割はデスクトップ型が売れているそうです。特別な理由がない限りはデスクトップ型を選ぶようにしましょう。

どのBTOショップがおすすめ?

BTOショップは複数ありますがコスパの良いショップなら「ドスパラ」が良いです。

種類、性能も豊富に取り揃えておりカスタマイズ要素も多いです。私もドスパラのゲーミングPCを今までに3台使ってきました。非常に満足しています。ぜひ覗いてみてください。

MENU

Copyright (C) PCゲーマーluckyの山あり谷あり All Rights Reserved.