パソコンでゲームをやるために重要なパーツを教えるよ!

家電量販店で売っているパソコンを買ってきても負荷の高いゲームをプレイすることはできません。PCゲームをやるためには特定のパーツを高性能にしないと滑らかな動作をしてくれないのです。

ではその重要なパーツとはなんでしょう。これからそのPCゲームをやるために投資すべきパーツについて紹介をしていきます。

グラフィックボード

呼び名は様々ありグラボ、ビデオカード、グラフィックカード、GPUなどと呼ぶ人もいます。基本的に示しているものは同じです。このグラフィックボードの性能が高いほどPCゲームは綺麗な映像、滑らかな動きを表現してくれます。なのでゲームできるパソコンを購入する予定であれば必ずグラフィックボードにはこだわりを持ちましょう。

CPU

一般用途で使うPCもCPU性能は高い方が各ソフトウェアなどの処理も早くなります。これはゲーム用でも同じです。映像に関する以外の処理はCPU側で行われるためCPU性能も高くないとフレームレートが出せなかったり、グラフィックボードの性能を最大限に引き出すことができない可能性も出てきます。基本的にグラフィックボードとCPUは足並みを揃えさせることが重要。片方が低スペックだと意味がありません。

メインメモリ

上2つほど重要ではありませんがPCゲームはメインメモリにもアクセスします。基本的にゲーム用なら8GBあれば十分ですが最近は要求メモリ容量が高くなってきており16GBが最適ではないかと言われています。メモリ不足は動作が重たくなる原因でもあります。8GB〜16GBのメモリは用意するようにしましょう。

この3つ…特にグラボ、CPUには投資をしたいところ。あとは平均的なPCスペックで十分です。ほぼCPU、グラボで快適なPCゲームができるかどうかが決まってきます。

MENU

Copyright (C) PCゲーマーluckyの山あり谷あり All Rights Reserved.